スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DISSIDIA FF POTION

『ディシディア ファイナルファンタジー』のポーションが出てるというので、買ってしまいました。とりあえずは大好きな7、8、10を。

po002.jpg

缶は当然保存するつもりなんで、中身は飲んでしまって水洗い。
「まずい」とか「まずい」とか「飲めなくはないし自分は結構好きだけどまあ美味しいとはいいにくいよね」とか「回復というよりなんかダメージ受けるんだけど自分はもしかしてアンデットモンスターだったのか?」という『FF12』の時の評判にびびっていざ自分が買った『FF7』の時のはなかなか飲めなかったりしたんですが、飲んでみたらそんなには悪くなかったので、今回は恐れずに氷を入れて(冷たさで舌の感覚を紛らわせようという・・・・恐れとるがな)がぶがぶと。

po001.jpg

カオス缶(黒い方)はマスカット味で、薄めの炭酸プラスぶどう味がすごくさわやかなむしろ美味しい方だと思ったんですが、こうなってくると当初の「あのFFシリーズのポーションの味を再現!」というコンセプトはどっか行ってしまってますなw
スポンサーサイト

アナタヲユルサナイ MINI SOUND TRACK

『アナタヲユルサナイ』はPSPの探偵モノアドベンチャーゲームです。探偵モノといっても殺人事件ではなく浮気調査とかがメインなのだとか。予約特典のミニサントラCD目当てに購入でした。ミニサントラCDというか、収録曲の「作曲:植松伸夫、作詞野島一成」というあたりで(植松さんはゲーム中の音楽も)。
シナリオは野島さんじゃないけど、まあ作詞をするってならゲームの内容にもあわせてくるだろうなあとか、アドベンチャーゲームは好きだしなあとか、そんな理由もあってサントラ発売予定もあるんですがゲーム自体を購入です。でも未だに『CCFF7』も『デルトラクエスト』もクリアしてないんでプレイは先になりそう。トホホ。

収録曲は3曲。

 1 遠くからあなたを ~Opening
 2 Toneless -Game Edit-
 3 シャドー・スキャット

1曲目はピアノの綺麗なインスト曲で植松サウンドキターって感じです。『FF8』の「ami」とかみたいなのがイメージとして近いかな。
2曲目は女性ボーカル付でなんか気だるげな感じです。歌詞は付き合ってる男に浮気された女が恨み節みたいな・・・・・・ゲームの話自体がそんな感じですか。
3曲目はスキャットです(笑)。

やばいなー、CD聞いてるとプレイしたくなってくる(笑)。
1曲目&2曲目のフルコーラス・歌詞アリバージョンがサントラに収録されるそうで、それまでには一通りプレイ→クリア目標ですよ。

DELTORA QUEST 7つの宝石 その1

買いました。
原作の小説もアニメも漫画版も知らない分際でシナリオ担当目当てで申し訳ない。
しかも未だ『CCFF7』をクリアしていないためしばらく封印・・・・・・するつもりだったものの、やっぱちょっと興味があるので最初のセーブポイントまでプレイ。DSのソフトなんてそれまで『FF3』しかプレイしてなかったせいで、タッチペンに慣れる慣れない以前に本体のどっかに収納場所があったような気がするけど見当たらないー・゚・(つД`)・゚・ と捜すこと20分。

最初のセーブポイント、バルダと家を出て旅立つまでしかプレイしてないのでまだ戦闘は1度しかこなしておらず、戦闘システムに関してはなんともいえないのですが、話のほうはなかなか直球な児童文学系ファンタジーという感じでワクワクして面白そうです。なんか懐かしくていい感じ。wikiやアニメの公式サイトのあらすじを読んでみたんですが、基本的な筋は同じなもののアニメとは導入部分が違うという感じなのかな?
ゲームは冒頭はリーフの父ジャードの子供時代から物語からスタートです。
あの可愛かったジャードがゴツいヒゲのオッサンに成長するなんてヽ(`Д´)ノ

続きを読む »

FFVII 10th ANNIVERSARY POTION

ポーションというか、アルティマニアのほうがメインですが。

前回ポーションが発売された時は、通常版は置いてあるけどケースが綺麗で値段の高い方(『FINAL FANTASY XII プレミアムボックス』)が欲しいなあと捜しているうちに速攻でそっちも売り切れてしまい(発売日出勤前に寄ったコンビニに、帰りにも寄ったらサッパリ無くなっていた速さです)結局ポーション体験はできなかったんですが、今度こそ飲んだ方がいいんですかね?

アルティマニアはなかなか内容濃くて良いです。
『FF7』から最新の『CC』までをしっかりと網羅していて、これに載っていないのは『On the Way to a Smile』関連ぐらいじゃないかなあと。『BC』の詳細に関して結構ページを割かれているのと、設定画などの絵がふんだんに使用されているところが特徴ですか。最大の目的だったスタッフインタビューもなかなか濃い興味深い話が多くて面白かったです。野島さんのビジュアルがどんどんヤバ・・・・げふんげふん(笑)。

CRISIS CORE -FFVII- 2

届いた

早速プレイスタート!

PSPみつからねえ il||li_| ̄|○ il||li

必死で探す

ハッケーン! UMDセットオン!

PSPをアップデートしてください

ボタン押せばいいだけかな? アップデートスタート!

バッテリーを充電してください il||li_| ̄|○ il||li

そんな感じで、2時間ほどロスしたものの無事ゲームスタートにこぎ付けましたですよ。


色々適度にミッションを放置しつつ適度にゲームオーバーを味わって、今は神羅一般雑魚兵のチョコボ頭と任務同行で出会ったぐらいのところまで進みました。ぐげる前の雑魚兵チョコボ頭なんで、なんかセリフとかいちいち少年っぽくで可愛いよ。

ザックスが思った通り少年漫画の主人公みたいなイイヤツで、思ってた以上にバカだったりチンピラっぽかったりする一面もあったりで楽しい。
今のところは本当にカラっとした元気でイイヤツな兄ちゃんという感じで、ストーリーもアンジールやジェネシス中心に回っているので本人の身に不吉なことが起こりそうな気配がないのが、・・・・・・・こわいなあ。

メールが面白いです。
カンセル空気嫁みたいなタイミングと内容なものが届いたり(いや、プレイヤーに対する任務先の情報としては非常に良いタイミングで送ってくれてるんですが、それはそれとして、アンジールどうしちまったんだ・・・って時に『リンゴ食いてえ』とか送ってくるあの野郎)、ラザード統括からのメールがなんだか妙に示唆的だったり、迷惑メールフォルダ行きの美人お宝ハンターからのそれとか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。