スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリースタイル vol.7 SUMMER 2007

 特集 細田守---『時をかける少女』を作った男

たまさか寄った本屋さんで発見して、立ち読みするには多すぎる文章量だったので、ま、細田さん好きだしいっかーと購入。6月の終わり頃には出ていた雑誌みたいなんで、かなり遅まきながらの発見購入ですよ。

細田監督インタビューの内容は『時かけ』よりも「細田守がアニメ業界に興味を持って、東映に入ってから辞めるまで」という感じで、『時かけ』だけじゃなく「『時かけ』を作った男でもある“細田守"」に興味がある、あるいはアニメ制作の裏側とか、東映アニメーションに興味があるとか、そういう人の方が面白いんじゃないかなあという特集でした。一応、細田監督インタビューの内容以外は『時かけ』中心だけれども、インタビューページがやたら多いは濃いわで、他の細田演出or絵コンテ担当のモノも何本か見ておいた方が絶対楽しめるんじゃないかなあと。

インタビューの内容理解的に、抑えておきたいのは↓この辺り。

・『ひみつのアッコちゃん』第3期
・『ゲゲゲの鬼太郎』第4期
・『デジモンアドベンチャー』映画
・『SUPERFLAT MONOGRAM』

『アッコ』の3期目は「校長先生のヤツ(6話)」と「ワニワニ(14話)」、『鬼太郎』は「おいてけ堀(94話)」、「だるま王国(105話)」、「三匹の刺客(113話)」の細田演出回全部、『デジモン』無印の映画は、見ておくことでインタビューの内容で「ああ、なるほど」と思えるのは、2作目の「ぼくらのウォー・ゲーム」よりも1作目の映画の方ではないかと。
その他では、『アリスSOS』のOPと『るろうに剣心』の43話、『少女革命ウテナ』は見るなら多分細田(橋本カツヨ)関係なく全話見た方がいいと思うですよ。

もう辞めた会社のことだからか、なかなか結構「そんなことまで言っちゃって大丈夫なの!?」みたいな話も読めるんですが、それでいて東映に関しては愛も感じるなあとか、逆に一瞬でさらっと片付けた『ハウル』については(色々話せない事情もあるんでしょうが)そんな触れられたくない話かー、とか。いやあもう、とにかく濃いインタビューで、細田守スキーとしては実に面白い内容で満足でした。

そういや、なんで「橋本カツヨ」「遡玉洩穂」等の変名を使わなきゃなんないのかって説明が一切なかったような気がするんですが(笑)。まあこんな濃いインタビュー読むような人ならみんな知ってるか。
スポンサーサイト

祝! シーズン6決定とその他。

ヽ(´ー`)ノわーい! また『相棒』の季節がくるよ嬉しいよー。

シーズン6も面白くて『相棒』らしいドラマを見れることを期待していますので、キャスト&スタッフの皆さん、大変でしょうが頑張ってください。10月を楽しみに待ってます。

ノベライズ化はともかくコミック化って非常にリアクションの取りにくい関連商品化もありがとう! 涙目になりながら買うので面白い内容に仕上げてやってください。

「相棒─劇場版─オフィシャルブック」(仮)も楽しみ。3月発売予定とのことなんで、前に出た「オフィシャルガイドブック」にあった「ヒストリー/エピソードガイド」のシーズン5&6版が入ってると嬉しいなあ。チェックポイントの細かいようなどうでもいいような話が濃くて面白かったんですよ。放送データもなかなか詳しくて非常に便利でしたし。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。