スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ウルトラ・ダラー』

/手嶋龍一 (新潮社)

タイトルになっている「ウルトラ・ダラー」とはメイドイン・ノースコリアの100ドル札のことです。ダブリンで発見された新種の偽100ドル札を追う主人公の英国情報部員スティーブン・ブラッドレーの物語を通じて描かれる、国家間の壮大な機密情報戦争・・・・・・というようなお話です。外交とかスパイとか北朝鮮だとか、そういうジャンルのお話です。
で、なんでこの本についてが「カテゴリ:相棒周辺」に突っ込んであるのかといいますと櫻井さんが褒めてたからですよ。

私、この手の方面の(も)知識には疎いんで、あの人のモデルが田中均氏なんだろうなあという程度レベルの話しかわからず、まず間違いなくこの本の面白さの8割方を損してると思うのですが、残り2割しか享受できてなくとも十分面白かったです。

小説としては、多分私にそっち方面のリアリティさやらを感じる知識もフィクションモノとしてのこのジャンルの知識というか慣れ親しみ度も圧倒的に不足してる分、逆に普通にエンタテイメントとして楽しめまして、エピローグに入ってからの急展開が一番ワクワクしたり、あのオチとかも十分アリですし、田中均さん(違う)とか高遠内閣官房副長官といったメイン的な人物だけでなく、ちょっとした登場人物のささやかな人物像や人生像の窺えるエピソードなんかも魅力的でよかったのですが、そのかわり文章が非常に回りくどかったり、どの人物もセリフが恐ろしく「文章的」で人間同士が会話してるようにはとてもじゃないが思えなかったりと、そういうあたりはちょっと気になりました。まあ、そこら辺も独特の味になってるかな、とか許せる範囲ではありましたが。

で、まあ、そんな自分ですが、唯一この小説の中で「普通レベルに知識はある!」といえるのが競馬に関する話題でして、登場人物の中に財をなして馬主になったという人がいて、その人がらみで色々と競馬に関するあれやこれやの話題が出てくるので、せっかくなんで一応競馬ヲタの端くれらしさを生かして出てきた競馬関連のことにちょっと触れてみようかと。
といっても、自分にも知識があるからといってドラマやら小説やらのフィクションモノで「現実とアレがちがう!」とかツッコミを入れるだけの無粋な行いは個人的にあまり好きではないので、本当に、競馬方面の「瀧澤局長=田中均(あ、言っちゃったw)」というような、モトネタ当てやら解説といった、以下はそういう話です。

続きを読む »

スポンサーサイト

ディラントーマス号のジャパンカップ(GI)出走取り止めについて

獣医学のじの字も知らなければ検疫法のけの字も知らないような専門外な人間ですが、馬インフルエンザやら「コスモバルク遠征先からなかなか帰ってこれなかった事件」やら、国際交流さかんなこのところ、検疫関連についての話題になることも多いので備忘録がわりに。

続きを読む »

ダートじゃない方。

ディラントーマスが出走できなかったのは残念ですが(検疫問題だけに仕方ない・・・・・・仕方ないってか、陣営側のミスですか)レース自体はなかなか良いレースだったと思います。
未だにアドマイヤムーンの青い勝負服が見当たらなくて捜してしまう自分が言うのもなんですが、気がついたら内のいいところにいてゴールまで持たせた岩田騎手GJな騎乗っぷりだったと思います。

印象的だったのは、レース自体よりもウオッカさんの3歳牝馬とは思えない堂々っぷり。『ドリーム競馬』(多分『スーパー』も同じだと思いますが)を見ていた人ならわかると思うんですが、細江さんのゲート前レポ時の落ち着きっぷりは、そりゃダービー勝つだけあるわという漢らしさでしたよ。
結果もあのメンバーに混じって最後凄い脚で飛んできて4着は立派です。

裏ではスカーレットメールやスリリングサンデーの弟ダメジャーやダスカの兄弟にあたるレットバトラーが、雲ヶ畑特別を勝ったりしてました。昨日のヴァーミリアンに続いてこの一族は波に乗ってます。
あ、あと、アサカデフィートが9歳でアンドロメダS勝ったりしてたのも凄い。

みりあん

なんだか、ジャパンカップダートとは縁が無いです。
結構この数年間で色々職が変わってるにもかかわらず、何故か色んなタイミングの悪さの結果土曜日出勤で見れなかった記憶の方が多いです。
ウイングアローの年もクロフネの年も職場で結果を知りました。

今年も土曜日出勤に当たってしまい録画組みになってしまいました。
来年からは阪神に変更ということで、土曜日開催のJCDとは始まった年も最後の年も生では見れずという縁のないレースのままお別れしそうです。
ヴァーミリアンが案の定強かったみたいで、スカーレット一族は今波に乗ってますなあ。
ヴァーミリアン

Ike Yoshihiro The BEST

~20th Anniversary Selection~

買いまんたヽ(´ー`)ノ
『相棒』でおなじみ、音楽の池頼広さんの20周年ベストアルバムです。
収録曲はこんな感じ
http://www.ike-yoshihiro.com/best/best.html

『相棒』からは2曲

 Disc1 05曲目の「真実の翼」
 Disc2 11曲目の「相棒4のテーマ」

「真実の翼」は『相棒』のサントラでの20曲目「解決したが、やるせない」です。「ありふれた殺人」や「ピルイーター」など、重い話の重いラストな時にかかる『相棒』らしい曲のひとつ。
「相棒4のテーマ」はサントラでの1曲目「メインテーマ 2005-2006」でした。

収録曲のうち自分が見たことのある作品は『相棒』以外だと『京都迷宮案内』と『オヤジ探偵』だけなんで、他の曲についての詳しいことはちょっとわからなくて申し訳ないのですが、普通のドラマのサントラと比べてベスト版だけあって、(『相棒』の収録曲がそうであるように)それぞれのドラマなりアニメなりゲームなりのメインテーマ的な曲が収録されてるんじゃないかなあという感じがしました。

一通りさらっと聞いてみた感じでは、

 PATIENT(ドラマ「隣人は秘かに笑う」より)
 Out of Control(映画「らせん」より)」
 ちゅう学生がゆく!(アニメ「かみちゅ!」より)」

あたりが好きかなあと。
「Out of Control」にはなんか微妙に聞き覚えがあったんで、多分映画のCMかなんかで耳にしてたのかも。

ぶっちゃけて言っちゃいますと、

「『相棒』のサントラ持ってる人は買わなくていい」
「けど『相棒』のサントラ在庫状況は今あんな感じだし、あのメインテーマの為に3500円出していいと思える人なら買い」
「『相棒』で池さんの曲いいなあ~、と思った人でサントラとか買うの好きな人ならやっぱり買ってもいいんじゃないかな」

というようなお勧め具合です。
あ、あと、

「『京都迷宮案内』と『オヤジ探偵』ヲタは今後サントラなんかテレ朝が出してくれるわけ無いんだから黙って買っとけ。つか『京都迷宮案内』はサントラ出る予定があった気がするんだがどどうなったの?」

そんなところでしょうか。
『相棒』のサントラ、収録されてない曲が多い上にサントラ発売後もカッコイイ曲とかいっぱい増えたりで、第二弾とか出して欲しいんだけどなあ。

アナタヲユルサナイ MINI SOUND TRACK

『アナタヲユルサナイ』はPSPの探偵モノアドベンチャーゲームです。探偵モノといっても殺人事件ではなく浮気調査とかがメインなのだとか。予約特典のミニサントラCD目当てに購入でした。ミニサントラCDというか、収録曲の「作曲:植松伸夫、作詞野島一成」というあたりで(植松さんはゲーム中の音楽も)。
シナリオは野島さんじゃないけど、まあ作詞をするってならゲームの内容にもあわせてくるだろうなあとか、アドベンチャーゲームは好きだしなあとか、そんな理由もあってサントラ発売予定もあるんですがゲーム自体を購入です。でも未だに『CCFF7』も『デルトラクエスト』もクリアしてないんでプレイは先になりそう。トホホ。

収録曲は3曲。

 1 遠くからあなたを ~Opening
 2 Toneless -Game Edit-
 3 シャドー・スキャット

1曲目はピアノの綺麗なインスト曲で植松サウンドキターって感じです。『FF8』の「ami」とかみたいなのがイメージとして近いかな。
2曲目は女性ボーカル付でなんか気だるげな感じです。歌詞は付き合ってる男に浮気された女が恨み節みたいな・・・・・・ゲームの話自体がそんな感じですか。
3曲目はスキャットです(笑)。

やばいなー、CD聞いてるとプレイしたくなってくる(笑)。
1曲目&2曲目のフルコーラス・歌詞アリバージョンがサントラに収録されるそうで、それまでには一通りプレイ→クリア目標ですよ。

6-03 殉愛

「我々は巧みに誘導されているような気がしてなりません」
「蓬城静流にですか?」
「彼女の作った物語にです」
「物語?」


6th-03話「蟷螂たちの幸福」


今週の『相棒』は心中モノでした。

夫の、妻の居ない世界は耐えられないという嘆き、妻の、夫の気持ちを無駄にしないために取った(取るしかなかった)行動。引き込まれるものがありました。

続きを読む »

西村京太郎サスペンス 探偵左文字進 11

完璧な犯罪〜最強の容疑者元エリート刑事! 二人の美女がカギ握る愛憎殺人事件! 日光鬼怒川で鉄壁アリバイ犯と激突!

水谷さんと豪華『相棒』キャスティングに釣られて見ましたがそんなことよりドラえもんでしたあの声の家政婦はどこに頼んだらうちにも来てもらえるんですかね?

あー、内容は、右京さんが亀山の代わりに亀山の姉を連れてコロンボ形式で三雲判事を追い詰めつつピアノ弾いたりドラえもんに変装したり鬼怒川観光を楽しんだりするという話でした。あと、西田健さんが脱いだり装着したり。眼鏡秘書の芹沢くんは期待以上によかったです。

いや、普通に、2時間サスペンスとしての土台がしっかりしてる上で遊び心というかネタで楽しませつつというサービス精神もいい方向にはっちゃけてて、かなり面白かったですよ。
なんていうか、2サスとして外せないところ(観光地とか殺人とか動機とか犯人との対決とか)をキッチリネタ・楽しませどころと絡ませていて、なんかすごく良いベタな2サスを見せてもらったような印象でしたよ。面白かったです。

バカ話・その1

思いつきだけのバカ話なんですが。

今出てる、なんだったか忘れたテレビ雑誌の「刑事モノ特集」で、『犯人デカ』というのがちょっと前にフジの深夜でやっていたと紹介されていたんですよ。

「主人公が犯人で、自分の気に食わない相手をしょうもない理由で殺して別の人間に罪を擦り付けて逮捕し、何食わぬ顔で名探偵面し続ける」

というすんごい内容だったらしくて、見てえ! という気持ちと「デカ」ってつければなんでもオッケーな刑事モノの懐の広さに感動したりとかしたのですが、その内容でオッケーなんだったら、こういうのはどうかなあとか考えてみたバカ話です。


タイトル:人権侵害デカ

主人公は警視庁かなんかの刑事。しかし、普段は書類を偽装し身分を偽って図書館で司書として働いている。ひとたび事件が起きると、職場の同僚上司の目を盗んで図書館のデータベースを使用し、被害者や容疑者とされている人物の個人情報記録から思想や最近興味を持っているであろうことを推測し、そこから動機などを割り出したり捜査一課にその情報を流したりして犯人逮捕に貢献する。そのシーン中、ずっと画面下部には「このような行為は違法であり、実際の図書館では行いません」というような感じのテロップ表示。

また、冬場などは同じく書類を偽装し身分を偽って郵便局にて年賀状集配等のアルバイト。誰宛に何が届いたか、というような情報を駆使したり、その情報を容疑者に流すことによって犯人を罠にかけるという頭脳プレイ。もちろん当然、そのシーン中ずっと画面下部には以下略。

しかし主人公は頭脳派なんで、暴力的な捕り物や違法性の高い取調べなどには参加せず。「殴って自白させるとか、そういう人権侵害的なことは一課の刑事さんにお任せしますよ」が口癖。

ダメですかね。

6-02 ふたつの心

「あなたを騙すような真似をして、・・・あの、なんて言うか・・・」
「ごめんなさい。あなたには本当に申し訳ないことをしたと思っています」


6th-02話「陣川警部補の災難」


2話目はライト系な話でした。事件もトリックも軽めでゴー(っていっても人殺されとりますが)。
残念なタイプの陣川くんはおもしろ可愛くて好きです。咲江さんの話を黙秘し続けた融通の聞かないバカ男気やら真実から目をそむけず咲江さんを罠にかける協力をしたところはさすが第3の特命係だなあと思わせられましたし。

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。