スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『鑑識・米沢の事件簿~幻の女房~』

/著・ハセベバクシンオー (宝島社文庫)

鑑識の米沢さん主役のスピンオフ小説です。
読み終わって、これがなかなか良かったんで感想です。




ポーン

ひょっとするとそのうち『相棒』テレビドラマ本編でもネタにされそうな、警察官僚の外郭団体への天下り問題を上手く殺人事件やその捜査と絡めていて、事件自体がかなり面白かったです。『相棒』らしいフォーマット(「刑事部長からの圧力」だとか)に則って話が進展していきつつ米沢さんが事件を解決するわけですが、「特命係」ではない米沢さんが上に逆らって事件に関わろうとする理由もこれなら心情的に納得かなという感じでありだと思いました。
捜査一課や特命がチョイ役ながらもカッコイイあたりも好感です。

『相棒』スピンオフ小説なんで米沢さんが捜査し活躍させる、読者もそれを望んでるだろうというのは重々承知ですが、それでも1冊の小説としてみると、重要なキャラにもかかわらず相原刑事に全く活躍の場面がなかったのが残念だと思いました。話自体がしっかりしているので一人ぐらいならオリジナルの登場人物のキャラを立てても良かったのではないか、特に相原刑事は陣川警部補に似ているなあと感じる部分があったので、彼の暴走が結果として捜査を有利にみたいな展開があってもそれなりに受け入れられたんじゃないか、というか、この事件解決に一番頑張らなあかんのは米沢さんじゃなくてこいつじゃね? みたいな気持ちを抱いてしまうのでせめて聞き込みでの情報収集のほうは米沢さんじゃなくて彼主体にしてあげて欲しかったですよ(彼の捜査したい気持ち自体は米沢さんにも負けてなかったと思うんで、活躍のないことに登場人物の行動が話の進展を邪魔する時に感じるような不快感はなかったですが)。

その他では、ドラマでの米沢守という人物は杉下右京の次ぐらいに謎が多くつかみ所のないミステリアスなキャラクターだと思うのですが、その米沢さんの内面部分や逃げた女房の事情の事などを、ドラマで米沢さん自身が語ること以上の部分にどうしても触れざるをえないあたりがやっぱりどうしたって夢が壊れるなあ的なモノがあって、そこら辺はキャラに気を使って(少なくとも『相棒-劇場版-』のノベライズよりははるかにずっと)描写してくれていたとも思うのですが、やっぱちょっと知らないままでいたかった、見せないままでいて欲しかったかもというのはあったのでした。単純に、自分のイメージしている米沢さんとはちょっと違うかも、という部分があったからかもしれません。
ここら辺はこの小説がというよりは、ドラマのスピンオフ小説というもの自体の抱える問題点のひとつなのかもと思ったりでした。

なんかこう、良かったという割にはネガい方面にばっかり触れてますが、でもトータルでは良かった、面白かったのですよ。そこら辺は「真面目に感想を語るだけの価値がある」と捉えてやってくださいです。

スピンオフとして良かった部分をあげると、脇役的な立場から、自分には自分の仕事があって、そんな自分とは別に特命係も何か大きな事件に関わって無茶やってるらしい、というそういう感覚が味わえたのが良かったです。エピローグの「誰か」というのは『相棒-劇場版-』のノベライズにはなかった、映画の方のネタバレかな。こういう角度から「特命係」の二人や彼らの事件を窺う機会はドラマの方ではなかなかなさそうなんで、ちょっとした疎外感的なところ(多分米沢さんは特にそんな気持ちは抱いておらず、読者だけがそういう感覚を味わってるんでしょう。特に自分は映画の方の『相棒-劇場版-』の内容は知らない事が)がすごく良かったのでした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。