スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5-17 女王の宮殿へ招かれた客と招かれざる客

5th-17話「女王の宮殿」

戸田山さんが同じく脚本を担当されているABC系列放映の視聴者参加型推理ドラマ『安楽椅子探偵』シリーズを髣髴とさせるような、映像媒体ならではの演出での嵐の山荘ミステリ劇が秀逸なこの話。こちらの方は犯人当てに懸賞金もかかっている『安楽椅子探偵』シリーズとは違いエンタテイメントの為、ただストーリーを楽しむだけなら人間関係や人物把握のややこしい情報は一切気にしなくてもいいという1時間テレビドラマらしい親切な作りになっていましたが、それでいて、コアな相棒ヲタが何度も繰り返し視聴することもちゃんと想定に入っていると思われる細やかな作りにもなっていました。

例えば「登場人物の紹介」。視聴者向けに(ある種これはミスリードでもあるんですが)女王の宮殿に招かれた客の肩書きと氏名がテロップが表示されていましたが、そんなものを見ることが出来ない右京さんと亀山にも、二人に「名前」か「身分」かその両方がちゃんとわかるようになっていました。

以下はその検証です。


---------------------------------------
■玄関
執事の中道とのやり取りの途中で一条モナミ登場。
モナミ
「【中道】、新しいお客様?」

 ↓
■パーティ会場
モナミと中道に案内されてパーティ会場のホールへ。
一条モナミについて、右京の解説。

 紹介テロップ:デザイナー兼社長 一条モナミ

 ↓
モナミとモナミに集る客の様子。女一人、男三人。
佐野
「新ブランドのチーフデザイナーはこちらの【友美*1】お嬢様こそ~」
友美
「私はまだまだお母様の下で勉強をと思ってるんですけど【佐野*2】さんたらやたら~」

 紹介テロップ:次女 一条友美
 紹介テロップ:営業部長 佐野芳正

佐野
「私だけの意見じゃないんですよ、なあ【伊藤*3】」
友美
「もう、【大沢*4】さんまで」

 ↓
右京と亀山の会話に絡んでくる男。オーディエンス・チェンバー。グラスマーカー。

ヤマモト
「ご丁寧に。【ヤマモト*5】と申します」

ヤマモトさんにワインを注いでもらった後、執事に話しかける。

  紹介テロップ:執事 中道信郎

 ↓
■暖炉のある部屋。階段下。
モデル事務所社長と、所属モデルの女性4人*6~9

モデル
「ねえ【社長*10】。一条モナミに気に入られたら~」

 紹介テロップ:モデル事務所社長 篠田和明

上の遊戯室から降りてくる男性。
ダーツ勝負に負けた話。
テレビ関東のプロデューサーが上にいた。

モデル
「あ、【和田っち*11】。どこいってたの」

 紹介テロップ:モデル 和田寛夫

 ↓
少年登場。タケル君。
タケル君からアルジャーノン探し依頼を受ける。

 ↓
■服などを飾ってある部屋。
タケル
「写真ならさっき撮ってもらった【愛美おばさん*12】と【カメラマン*13】のおじちゃんに」

 ↓
■パーティ会場
モナミとモナミに集る客の様子。女一人、男一人。

 紹介テロップ:三女 一条愛美
 紹介テロップ:カメラマン 栗村一成

栗村
「【愛美*12】お嬢さんをモデルに~」
愛美
「【栗村*13】さん、出版社にも~」

 ↓
■炊事場
家政婦と料理人、中道。

 ↓
■炊事場を出た階段
佐野と友美。
自分のブランド絶対作るって話はどうなってるのか。
ダメになるようだったら自分との関係を奥さんにバラす。
父に昔世話になったホテルの支配人とか来ていた、どうせその男とかも金を借り来たに決まってる。

 ↓
■パーティ会場
モナミとモナミに集る客の様子。女一人、男一人。
タケルの父と母。

右京
「タケル君の【おとうさん*14】と【おかあさん*15】ですね」

 紹介テロップ:長女 行長真美
 紹介テロップ:真美の夫 行長武彦

 ↓
■ヒミツ基地(パントリー)
ワインのラベル(エチケット)を確認。

 ↓
■パントリーの外の廊下
東京第一銀行の社章をした男と遭遇。【名刺をもらう*16

 紹介テロップ:東京第一銀行 高波治央

 ↓
■パーティ会場の隅の長椅子
女一人、男一人。タバコの火を貸す。一条コレクションの話。

 紹介テロップ:妻 服部静江
 紹介テロップ:画商 服部照秋

服部
「あ、私、画商をやっております【服部*17】と~」
服部
「これは【家内*18】です」

 ↓
■パーティ会場
キャビア(+д+)マズー
右京と一条モナミとの会話。
ろくでもないパーティだとかなんとか。

 ↓

(略)

 ↓
■パーティ会場
服部にモデルの男性ともう一人とダーツをやっていた話を聞く。
その男は加藤という人物。モナミの遠縁で、高校で教鞭をとっていた。

 ↓

ワイングラスは12星座×金銀2種類の合計24。
*1~18の数字は、それぞれワイングラスの持ち主。これに始め右京さんが勘違いしていたタケル君(=脅迫者*19)を入れた数が19。
その他、女王*20・右京さん*21・亀山*22が使用し、2つは余り*23~24

右京さんの前で氏名が判明しなかった人物は10名。

 モデル事務所社長
 モデル4人
 タケル君の父
 タケル君の母
 画商服部の妻

 料理人
 家政婦

このうち、「知らないおじさん」というタケルの発言から女性である「モデル4人」「タケルの母」「服部の妻」「家政婦」が、知っている人間である「タケルの父」「料理人」を省くことが出来ます。残りの「モデル事務所の社長」も、和田っちがダーツ中に下の階にいたんで、謎のKさんにはならないんですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。