スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7-01 金

「チャリティなんてやったってお金集まらないもの」

7th-01話「還流~密室の昏迷」


とうとう始まってしまいましたseason7。
次週に続く内容なんで今回は次回へ向けての「あの時の気持ち覚書」みたいな感想ですが。


久しぶりの輿水脚本のガッツリしたやつキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!という感じで喜んでおります。なんていうかこう、もったいつけた感じ(動機だんまりの小笠原さん)とか、後味悪いエンドがてぐすね引いて待ってそうな雰囲気とかがたまりません。次回がめちゃ楽しみです。

まだこれから瀬戸内さんのパーティがどんな意味を持って殺人事件と関わってくるのか不明ではありますが、現段階で1話の内容で見た範囲で、ちょっとドキッとしたのが小野田と右京さんとの会話でのパーティのネタ晴らし。「チャリティなんていったって金は集まらない」「政治資金だっていうと集まる」っていうのはああそうだろうなあーと思わされたりしたわけですが、そういう「政治家の資金集めのフリした実は恵まれない人への寄付金集めパーティ」で、そんな裏事情を知らない一般人代表であるところの亀山がのーてんきに「料理スクネ」とか言ってるっていう構図はなかなか恐ろしいものがありましたですよ。
アフリカで生きる人々の写真展を見た後チャリティパーティーに出席と、小野田は小野田で、全部事情知ってて瀬戸内さんとグルになって3万円づつ寄付させるために2人を呼び出したわけですか。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。