スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7-06 自分

「でもそれって、自分との戦いかもね」

7th-06話「希望の終盤」


結構早い段階から撮影目撃情報が報告されていて楽しみにしていた将棋のお話でした。


選曲と音量と『月刊ザ・テレビジョン』ゆるさねえ。


えー11月22日(土)発売の『月刊ザ・テレビジョン』に寺脇さんのインタビューが載ってたんですよ、最近恒例の卒業についてと亀山というキャラクターについての。で、その下の隅の方に、先週までのあらすじとして「希望の終盤」の内容が載ってたわけなんですが、放送前だというのにおもいっきり西片二冠は自殺だってネタバレされてしまいましたとさと。
いえ、テレビ雑誌で『相棒』を取り上げてくれたことは凄く感謝していますし、「希望の終盤」も結構ぎりぎりに「顔のない女神」と放送順入れ替わったことも知ってます。だからもしかしたら11月19日(水)放送分のつもりで載せたのかもしれないなあとも思うのですがでもゆるせねえ! 
まあ、予告あらすじの段階で死因がおもしろ凶器じゃなく転落死って判明してたんで「じゃあなんかプライドをなくした系じゃないんだ、自殺もあるかな」ぐらいは思っていましたし、犯人当てよりもそこに至る経緯のほうを楽しむのが『相棒』だよねとは思っているものの、やっぱドラマの内容で確定は知りたいじゃないですか! そりゃあらすじ読むから多少のネタバレは覚悟してますけど、どこの誰が殺人事件モノで本放送前にテレビ雑誌に全部ばらされることまで覚悟してるというんだ。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン 雑誌ちゃんと買ったしそれぐらいは恨んでもいいよね! ひどいようー。

選曲と音量についての不満は割愛。もういいからお前ちょっと静かにしててくれ。


とまあ、出だしからこんな内容ですいません。不満点はこれだけですから! 本編はネタバレされててもちゃんと楽しめましたから!

で。
自分を断罪するものは自分自身。
他の誰が許しても見ていなくても、自分だけは自分を見ていてその罪を知っている。
自分もまったく同じミスを犯しながらそれに気付かなかったというところを見ると、大野木があの二歩は別にわざとじゃないって伝えていたとしても単純にそれを信じ受け入れられたかどうかというのは疑問でもあります。言葉でいくら言っても伝わらないことも、皮肉や言葉通りではなくもっと深い意味が込められているんではないかと思ってしまうこともありますからね。

人に良い方で評価された時に

「でもこれは本当に自分の実力なんだろうか」
「気に入ってもらえた部分は偶然の産物なんじゃないだろうか」
「もう一度同じ力を発揮できることを望まれた時にそれは可能だろうか」

というような不安を抱くことは多かれ少なかれ誰かしらあるんではないかと思います。まあ普通はそういう不安は悩んだって仕方がないしさらっと忘れてしまうもんだとは思うのですが、西片の場合は勝つことが自信にはつながらなかった、勝つことが真の目的ではなくなってしまったというところが悲劇だったのではないかと思います。そして、そんな彼を自分にはできなかった目的を達した「希望」だと受け止めていた二人が、負けることでそれぞれ自分を受け入れ、自分が進みたいと思った道を自分で見つけていたのとの対比が実に皮肉でした。
七戦目に大野木が尋ねにきた時に西片が見てしまったもの、------多分「お前なんかプロとして相応しくないよ」とかそういう感じのものをガチで想像するのはちょっと怖い気がします。

しかし、それよりも何よりも、はじめから自殺だと知ってる上で見てた自分には、潔癖で神経質すぎるが故に自分を追い込んでしまって自殺した人をさして「なんか、右京さんみたいですね」とは、たまきさんはなんてことを言うんだと。よりにもよって元嫁が。右京さんは強いし命の大切さもわかってるから自殺はしたりしない、でも、常人が右京さんのようだったら死ぬぜ、と。「殺人ヒーター」や「複眼の法廷」の時も、被害者さんは右京さんみたいだなあとか、でも右京さんみたいなことをやってるとそのうち死ぬのか、とか(「ヒーター」はまあ、殺されたのはまったく別の理由ではありましたが)なんかちょっと怖いような印象を抱いたりしたのですが、ほっと一息つける花の里での会話だけど真相知ったらすげー怖いよーと、今回一番戦慄を覚えたシーンだったりしたのでした。

今週は、亀山の普通の人なりの関係者に共感したりした部分の感想も、捜査にそして物語に生きてるなあと感じました。
普通の事件捜査なんだけれども、もっとこういう部分を突き詰めたような、「平凡な人間・亀山と変人・右京」との「モノの見方や感じ方が違うんだけれどもどっちも正解をついている、でもその価値観の差異があるのが人間で、面白い」というような話を『相棒』で見たいなあ、昔の特命に来たすぐぐらいな頃の亀山が間違いだとか亀山の意識せず漏らしたヒントを右京が生かすという形だけじゃなく、右京と信頼関係が築けて亀山も立派になった今だからこそそういう話はありなんじゃないか・・・・・・と思った時が、来週は警察内部モノで再来週からの2話がもしかしたらXデーじゃないかと目されている話という・・・・・。
世の中ってままならないil||li_| ̄|○ il||li

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。