スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンマルク宇治店と京都競馬場に行って来た


『853~刑事・加茂伸之介』1話の撮影で利用された「サンマルク宇治店」と、「京都競馬場」へ行って来ました。

サンマルク宇治店が撮影で使用されることとなった経緯は東映のサイトで紹介されていまして、常々一度は好きなドラマなんかで撮影に使用されたロケ場所訪問とかもしてみたいなあと思っていた中で、『相棒』が都内&その近郊なのに比べるとはるかに近いしサンマルク好きだし「あのドラマのあの回のあのシーンの撮影場所」だとわかりやすい所でもあるしと、これはいい機会なんじゃないかと、休みに恵まれたときに行ってみることにしたのでした。

京都競馬場の方は、せっかく競馬開催のある日に京都方面に出かけるんだし、という感じで予定に組み込みました(笑)。
とはいっても開催は阪神競馬場の方なんで、京都競馬場はパークウインズ(→馬走ってなくて馬券だけ販売してる競馬場)状態なわけなんですが、パークウインズ時の競馬場というのにも一度どんな雰囲気なのか行ってみたいなあとか、ていうか前に京都競馬場に行ったのってゼンノエルシドの勝ったマイルCS(01年)の時だしとか、まあとにかく、馬走って無くても久しぶりにちょっと寄ってみたいなあ的な競馬ファン的なそれに魂が揺すぶられたんですよ。
実は地理関係まったく把握してなくて、「同じ京都だから」程度で予定に入れたんで、メインのサンマルク宇治店と場所が近くてよかったです(笑)。

さて、私は大阪の南の方、南海沿線に住んでいるので、まずは「新今宮」まで出て、そこから大阪環状線に乗って「京橋」にて京阪本線へ乗り換え、「京都競馬場)」→「丹波橋」→近鉄京都線へ乗り換えて「伊勢田サンマルク宇治店)」へというルートをたどることになります。

あまり綺麗に撮れた写真ではないんですが、一応画像が続きますご注意を。


超大雑把な北大阪と京都南らへんの地図。
これで位置関係の雰囲気とかをなんとかつかんでいただければ。





で、まずはグランシャトーがあることで有名な(ローカルネタ)京橋へ到着。
こっちが大阪環状線のあるJR京橋駅の出入り口で、


そこから京阪本線の京橋駅入り口、京阪モールへと移動。


この二つの入り口は向かい合っていまして、距離的には2、30mぐらいしかないんじゃないかな。迷い様のないぐらい超近かったです。

京橋では帰りに駅前のヤキトリ屋に寄りました。
一日歩き疲れてキューと一杯、カルピスチューハイを飲みたかったのと、『相棒』8-07話「鶏と牛刀」の回で出された「ぼんじり」とやらを一度は食べてみたかったからなんですが、メニューには置いてなくてちょっと残念。でもヤキトリ自体は美味かったです。

京橋から特急にのって樟葉駅まで、そっから各駅停車な電車に乗り換えて3駅、橋本→八幡市→淀に到着となります。
特急では、“ひらぱー”こと「ひらかたパーク」近くになると車内アナウンスでひらぱーの宣伝がありましたですよ。


淀駅の、細長いホームに降りてすぐ目の前、ガラス張りの向こうに広がる淀城跡の堀の風景には来る度に「ここはどこの水上都市!?」感を抱かされてかなりお気に入りです。別に本当は水上都市でもなんでもないんですが、とにかく水辺の風景がすごくいい感じなんですよ。でも、この風景も駅の改修工事でもうすぐ見れなくなっちゃうとかで残念。

駅から“いかにも”なオッチャン達の流れにひっついて歩くと、迷うことなく京都競馬場にたどり着けます。こっから入り口ゲートまでがまた長いんですわ。


下は多分ビッグスワンの方のスタンドです。
階段のにプリントされているのはクィーンスプマンテの勝った去年のエリザベス女王杯のゴール前。別の階段ではアドマイヤジュピタ(天皇賞・春)も見たような記憶。


4コーナーと芝2400mスタート地点付近の馬溜り方面。


京都競馬場へ寄ることにした目的のひとつ、本日出走コスモエンペラー(5着)の応援馬券を購入。当たってても換金しないつもりで買ったんで金額の低さについては触れないでやってください。養分っていうなーヽ(`Д´)ノ



淀駅から、中書島→伏見桃山→丹波橋、近鉄京都線に乗り換えて、近鉄丹波橋→桃山御陵前→向島→小倉→伊勢田で、目的のサンマルク宇治店の最寄り駅へと到着となります。


ここらへんは静かな一軒家の並ぶ住宅街という感じでした。
伊勢田駅からサンマルク宇治店へはさほど距離もなく、事前に地図をちゃんと確認していれば、そして出る出口間違えたりとかその上線路に沿って小倉方面に進まなきゃならないところを大久保方面に向かうのが正しいとか根本的な勘違いを犯したりしてなければ迷うことはないと思いますすいません私迷いましたorz

サンマルクといえば、「ちょっとした記念日なんかで仲間内と若干予算大目に出向く店」的な印象があったんで、ドラマではわりと普通な感じのファミレスっぽかったのがちょっと不思議だったんですが、行ってみたらやっぱり自分の知ってるサンマルクという感じでした。


佐々木達が車で待機してた駐車場です。


目の前の府道は結構狭くて特に周辺に陸橋もなく、多分加茂ちゃんがサンマルクに入る直前の、トランペット響く中佐々木と揉めあいになるシーンは別の場所での撮影だったんじゃないかと。

内装は多分ほぼドラマと差は無かったんじゃないかと思います。ドラマではあまり目立ってなかったですが真ん中にででんとピアノがあって、加茂ちゃんが高橋と向かい合って座った席も、今から禁煙始めましたと高橋観察に座った席も、清水=青木の座ってた席も、ああここかー、みたいな感じでわかってちょっとニヤニヤしたりw

ちょこちょこと注文して遅い昼飯にしたんですが、「蒸し鶏のムニエル にんにくバター風味」が値段から想像してたより量も多くてめちゃウマで満足。


3月にしては暑い日で歩きながら汗だくになったんですが、行ってよかった楽しい一日でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。