スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DELTORA QUEST 7つの宝石 その1

買いました。
原作の小説もアニメも漫画版も知らない分際でシナリオ担当目当てで申し訳ない。
しかも未だ『CCFF7』をクリアしていないためしばらく封印・・・・・・するつもりだったものの、やっぱちょっと興味があるので最初のセーブポイントまでプレイ。DSのソフトなんてそれまで『FF3』しかプレイしてなかったせいで、タッチペンに慣れる慣れない以前に本体のどっかに収納場所があったような気がするけど見当たらないー・゚・(つД`)・゚・ と捜すこと20分。

最初のセーブポイント、バルダと家を出て旅立つまでしかプレイしてないのでまだ戦闘は1度しかこなしておらず、戦闘システムに関してはなんともいえないのですが、話のほうはなかなか直球な児童文学系ファンタジーという感じでワクワクして面白そうです。なんか懐かしくていい感じ。wikiやアニメの公式サイトのあらすじを読んでみたんですが、基本的な筋は同じなもののアニメとは導入部分が違うという感じなのかな?
ゲームは冒頭はリーフの父ジャードの子供時代から物語からスタートです。
あの可愛かったジャードがゴツいヒゲのオッサンに成長するなんてヽ(`Д´)ノ


タッチペンでなんか手紙を書かされました。『ヘラクレスの栄光4』でアトランティスの壁にメッセージ残すイベントをちょっと思い出します。


 ジャード「そうだ、この木ならお城から見える。ここにエンドンへの手紙を隠そう」


     7年後、大臣に不審を抱くエンドンに
       手紙が届きますた・・・
          _____
         / ヽ____//
         /   /   /
        /   /   /
        /   /   /
       /   /   /
       /   /   /
      /   /   /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |
       |                    |
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       /  大臣テラヤバス     /ヽ__//
     /   信 じ て        /  /   /
     /    ヽ(´・ω・`)ノ   /  /   /
    /   ____     /  /   /
   /              /  /   /
 /              /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /  


エンドンごめん、変なメッセージ残して。でも意味的には結構伝わってるよな、なっ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。