スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6-14 人

「どなた様もいつか必ず、帰れますように」

6th-14話「琥珀色の殺人」


多方面に色々とサービス回w 

続きを読む »

6-09 印象

「僕にはそのように見えました」

6th-09話「編集された殺人」


今期の感想、なかなか更新できなくて申し訳ないっす。
この後も暮れから年明けにかけては多分過去の内容の蔵出しでつなぎになると思うのですが(なんか、2年ぐらい前に書きかけて放置感想文とかあるよ)、9話は楽しみにしていた年内ラストの櫻井脚本回。意地と気合で更新です。おもしろかったーーー!!

続きを読む »

6-03 殉愛

「我々は巧みに誘導されているような気がしてなりません」
「蓬城静流にですか?」
「彼女の作った物語にです」
「物語?」


6th-03話「蟷螂たちの幸福」


今週の『相棒』は心中モノでした。

夫の、妻の居ない世界は耐えられないという嘆き、妻の、夫の気持ちを無駄にしないために取った(取るしかなかった)行動。引き込まれるものがありました。

続きを読む »

6-02 ふたつの心

「あなたを騙すような真似をして、・・・あの、なんて言うか・・・」
「ごめんなさい。あなたには本当に申し訳ないことをしたと思っています」


6th-02話「陣川警部補の災難」


2話目はライト系な話でした。事件もトリックも軽めでゴー(っていっても人殺されとりますが)。
残念なタイプの陣川くんはおもしろ可愛くて好きです。咲江さんの話を黙秘し続けた融通の聞かないバカ男気やら真実から目をそむけず咲江さんを罠にかける協力をしたところはさすが第3の特命係だなあと思わせられましたし。

続きを読む »

6-01 信頼

「人を裁くなら、覚悟すべきです」

6th-01話「複眼の法廷」


そんなわけで、待ちに待ったシーズン6が始まりました。
そして、初回から濃いこと濃いことw 1話目のSPでこんな話をやられちゃうとうかつに「最近『相棒』は視聴率狙いの一般受けのよさそうな見た目派手でニギヤカなキャラネタ話が増えた」とか非難出来ないじゃないですか(笑)。むしろ「い、いや、初回なんだしさもちょっと視聴率稼ぎに走ってもいいんだよ?」とかこっちが心配になる勢いです(というか、余計なお世話ながらリアルで心配した)。相棒最高!

(10月30日またちょっと微修正。最後のあたりを)

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。